ディーラー下取り

ディーラー下取りで査定額をアップさせる方法

新車を購入するにあたり、現在乗っている車を下取りに出し、より安く購入しようと考えるケースはいたってメジャーながら、「下取り査定額には交渉の余地なし」と、勝手に思い込んでいませんか?

実は、いくつかのポイントをおさえることで、ディーラーが最初に提示した額より、交渉次第で下取り査定額をアップさせることも可能なのです。

そこで今回は、元車のプロだった筆者が持つノウハウをもとに、ディーラー下取りの査定額をアップさせる方法を、読者の皆さんへ伝授いたします。

まずは正確な査定額を聞き出すことからスタート!

ディーラーでの下取りは、新車購入時の値引き交渉において「追加要素」として行われるもので、査定額は基本的に値引き額と合算し、新車本体価格から減額されます。

例えば、「下取り額45万円」で「値引き額5万円」の場合は、「新車本体価格-50万円」と示されるため、自分の車がいくらで査定されたのか、一見しただけでははっきりしません。

金額がわからない事にはアップ交渉なんて不可能ですから、まずは「いくらで査定されたのですか?」などと切り出し、具体的な査定額を確認することから始めましょう。

「下取り手数料」なんておまけさせてしまおう!

下取りに出した経験のある方ならご存知かもしれませんが、ディーラーの多くは下取り後の名義変更代行などを理由に、数万円レベルの手数料を請求してきます。

また、利益重視の販売店の中には「下取り査定料」なんて手数料を、平気な顔で追加してきますが、この2つは新車購入を盾にサービスさせることが、かなりの高確率で可能です。

この段階で、下取り手数料のサービスを渋る販売店なら下取りはやめ、名義変更代行も査定料もかからない買取業者へ、車を売ってしまった方が賢明です。

買取業者との比較は効果なし!

下取り手数料のおまけは案外簡単にゲットできますが、査定額のアップとなると少々交渉術や、テクニックが必要になってきます。

そして、下取りよりも数段高い査定額を出してくる、買取店の査定額と競争させても、「そうですか…、ではそちらでお売りください。」といった具合に、相手はすぐに引き下がります。

ディーラーの営業マンが気にするのは、下取りできるかどうかではなく、「新車を購入してくれるかどうか」ですので、そこをくすぐることこそ、下取り査定額アップ最大のポイントになってきます。

具体的には、例えばトヨタの大人気ミニバン、ヴォクシーの購入を視野に入れているなら、ライバルである日産・セレナを引き合いに出し、「下取りが思ったほどじゃないから、日産にいってから決めます!」と揺さぶれば、査定額がアップすることもあります。

下取り査定額のアップが可能になったワケ

以前、ディーラーで下取りされた車は、中古車業者が仕入れに使う業者間オークションへサッサと流されていたので、それほど査定額交渉の効果はありませんでした。

また、下取り査定はいたって事務的にマニュアルに沿って行われていたため、査定額のアップを持ち出しても、ほとんどのケースで「決まりなので無理です!」と一蹴され、ディーラー独特の雰囲気も手伝い、引き下がってしまうユーザーが多かったのです。

しかし、最近ではトヨタの「T-UP」を筆頭に、各ディーラー揃って「系列中古車販売店」を手広く展開し、下取り車を直接販売することにより大きな利益を得ているため、本来ならば買取業者に引けを取らない、高い査定額を出してきてもいいようなもの。

ましてや、ユーザー側には「新車購入」という断然有利な切り札があるので、ディーラー相手だからと尻込みせず強気で交渉し、買取並みの下取り額ゲットを目指してみてはいかがでしょうか。

-ディーラー下取り

Copyright© 教えて車売却|車を+30万高く売る方法を現役車屋が解説! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.