車売却

ランキング

燃費が良い車ランキングBEST10

2018年10月30日

車選び、どんなところを基準にしますか?
ライフスタイルにあったジャンル、気に入ったスタイルや内装、パワーやトルクなど含め、全ては用途に合った車種を選びたいものです。
多くの人が車選びの基準として最も気にするのは、自動車の燃費ではないでしょうか。
エコロジーと環境問題について大きく語られることが多い昨今、燃費の善し悪しは車選びで重要なファクターとなっています。
ここでは国産車の燃費ベスト10と、その車種の特徴を書いていきます。
皆様の車選びのご参考にどうぞ。

ガソリン車・ハイブリッド車を含む国産車燃費のベスト10
JC08モードのデータで比較しております。

第1位 40.8km/L
・トヨタ プリウス(DAA-ZVW51)
トヨタを代表するハイブリッド車。動力性能と燃費の優位性については言うまでもなくトップクラス。
リチウムイオンバッテリーの採用と、ハイブリッドシステムの見直しにより前モデルと比較して燃費を大きく向上させました。
スタイリングは好みが分かれるところですが、2015年の発売から数年が経ち街で見かける機会も多くあり、最近では見慣れてきたという声が増えています。
着座位置を含め低重心となったことから、居住スペースは先代と比較して広くなり、特にリアシートでのヘッドクリアランス(頭上空間)が大きくなりました。
燃費については最廉価グレードが40.8km/Lを記録していますが、それ以外のモデルでも37.2km/Lであり、実用的に販売されているモデルでの燃費でもトップと言えます。

尚、先代モデルとなる30系での燃費は32.6km/Lで、まだ現代でも通用する高燃費であることを付け加えておきます。

第2位 38.0km/L
・トヨタ アクア(DAA-NHP10)
日本の法規上5ナンバー小型乗用車分類の5ドアハッチバックに、ハイブリッドシステムを組み合わせたコンパクトカー。
こちらも38.0km/Lは廉価版グレードの燃費であり、他のグレードモデルでの燃費は34.4km/Lとなります。
1.5Lエンジンとの組み合わせは十分な動力性能と低燃費を両立させ、企業の社用車にも多く採用さるなど実用性の高さが証明されています。価格とのバランスを考えると、ハイブリッドの中では手を出しやすいモデルだからでしょう。
衝突予測時・車線を逸脱したときの警報など予防安全関連のパッケージは上級車種同様充実しています。
海外でも人気モデルで、Prius Cの名前でサブコンパクトカーに分類されています。
1位のプリウス50系に抜かれるまでは、世界で最も低燃費な乗用車でした。

第3位 37.2km/L
同一値につき両車第3位とします。
・日産 ノートe-POWER(DAA-HE12)
グローバルコンパクトカーとして開発されたモデルで、欧州では小型ミニバンまたはミニMPVに分類されます。
中でも「ノートe-POWER」は、ガソリン燃料でエンジンを回し、エンジンの出力で発電する「ガソリンで走るEV車」です。このモデルの燃費が、37.2km/Lとなります。発電部は直列3気筒エンジンを発電目的にチューニングして流用しています。
電力制御部と駆動部に関しては同じ日産のEV車「リーフ」の技術を流用し、基本的な動きはEV車なのでトヨタのハイブリッド車と動力性能を単純比較はしにくいです。
ストップアンドゴーの少ない場面では、ブレーキシステムからのエネルギー回生が足りないこと、速度領域が高い高速巡航がではエンジンで駆動する方式の方が高効率ですが、ノートe-POWERはエンジン駆動への切り替えシステムを持たないことから、高速移動がメインという用途では、燃費面での不利があります。
街中メインでの使用では、実燃費もかなり良いと言われています。

・ホンダフィットハイブリッド(DAA-GP5)
ハッチバック型の小型商用車分類のハイブリッド車で、現行型はエンジンを1.5Lに統一しており、トヨタアクアと市場では直接競合します。
トランスミッションに多くのメーカーの採用するCVTではなくDCTを採用するなど、ホンダらしく、よりスポーティな味付けをされているのが特徴です。
エクステリアは現在のホンダ車共通のイメージを持つフロントマスク、インテリアは古いホンダ車でよく言われた安っぽさも今は影を潜め、同価格帯車種では群を抜く質感になっています。
現行モデルになってからのお勧め度はかなり高くなったと言えるでしょう。

第5位 37km/L
・スズキ アルトエコ・マツダ キャロルエコ(DBA-HA36S・DBA-HB36S)
OEMによる同一車種という扱いにします。
マツダとスズキの軽エコカー代表の2車種となります。OEM車種であり、エンブレムなど詳細な違いと販売ディーラー以外は全く同一のモデルです。
'89年発売のキャロル2代目からはプラットフォームを、'98年発売のキャロル4代目からはOEMとなり同一のモデルを販売することになりました。初代アルト・初代キャロルから歴代続く、両社の軽カーの代名詞と言える看板車種です。
現代軽四の主流となったトールスタイルのモデルとは一線を画す、昔ながらのコンパクトな所謂軽四らしい軽四で人気があります。
動力性能も現代の車ですから必要にして充分であり、街中は勿論、高速道路での巡航も問題なくこなせる事から、若い人からご年配の方まで幅広いユーザーに対応可能です。
尚、普通車・軽四輪を含めたガソリン車としては最高燃費となります。

第6位 35.6km/L
・スズキ アルトラパン(DBA-HE22S)
弁当箱をモチーフとして、丸みを帯びた箱形のデザインと広い室内空間を実現したパッケージングが人気の5ドアハッチバックです。主力のアルトは男性・年配の方・企業ユーザーが増えたのに対し、こちらは女性層をターゲットとしています。
現行モデルは社内女性ワーキンググループにより開発の各段階に拘わった事が特徴です。
例えばホイールベースの延長(初代モデル比で+100mm)で室内空間を広くしたにも拘わらず、最小回転半径は2代目と同様の数値4.4mを保持、内装のイメージを女性向けに一新するなど、さらに女性向け色が濃くなりました。
全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車は、全高1,550mm未満の2BOX軽自動車で初めて予防安全性能アセスメントの最高ランクとなる「ASV+(先進性安全車プラス)」を獲得しています。

第7位 35.2km/L
・ダイハツ ミライース((DBA-LA360S)・トヨタ ピクシスエポック(DBA-LA350A)
・スバル プレオプラス(5BA-LA350F)
エンブレムの他に若干の意匠が違う点のみのこの3車もOEMによる同一車種という扱いにします。
現行は2代目となります。
初代から受け継いだダイハツ開発のi-EGRシステムによる高効率エンジン制御、ドライブトレーン各部に低フリクション化、各部樹脂パーツ採用による低コストと軽量化を施す一方、外装各パネルを高コストなハイテンション(高剛性)の使用は軽量化に一役買っています。
初代モデルとの比較で、最大80kgの軽量化を含めエンジンからボディ他の細かなパーツまで徹底した攻めの設計です。徹底して低燃費を狙っています。
OEMでの3社並行販売はコスト削減に役立っているようです。

第8位 34.8km/L
・ホンダ グレイス(DAA-GM4)
コンパクトセダンの刷新をコンセプトに、コンパクトカーが持つ燃費性能と、アッパーミドルクラスセダンが持つ広い室内とスタイル・質か・走りを融合しました。日本では使いやすい5ナンバーサイズとなるセダンです。ハイブリッド専用車として発売されましたが、廉価版のガソリン車も追加で用意されました。
5ナンバーのハイブリッドセダンでは初の4WD(四輪駆動)車の設定があるのが特徴です。
ベースとなっているのはアジア・オセアニア向けに販売されるグローバルコンパクトセダンの4代目シティ。
現行フィットと比較+80mmとホイールベースを大きくしたことで室内空間を広く取り、さらにトランク分全長も長くなったことで使い勝手が良くなります。
落ち着いた5ナンバーセダンで高燃費の車種は、意外と少ないので隙間的な人気を持つモデルです。

第9位 34.4km/L
同一値につき、4車を第9位とします。
・トヨタ ヴィッツ(DBA-NHP130)
・トヨタ カローラアクシオ(DAA-NKE165)
・トヨタ カローラフィールダー(DAA-NKE165G)
・ホンダ シャトル(SHUTTLE)(DAA-GP7)
まずはトヨタ ヴィッツから
現行モデルは3代目です。
CD値0.285の優れた空力特性で高速走行における走行安定性と低燃費を実現しています。
全幅1950mmの5ナンバーサイズに拘り、最小回転半径は4.5m~4.7mと軽自動車並なことから街中での使い勝手の良さで人気があります。ハイブリッド車の追加設定は2017年。
日本以外の海外ではヤリスの名称でラリーなどモータースポーツに参戦し、積極的にスポーツ指向も打ち出しているため、老若男女に人気があります。

トヨタ カローラアクシオ&カローラフィールダー
こちらはシャシー他が同じなことから、ひとまとめにさせて頂きます。
カローラと言えば今でもトヨタの代表車種で、現行は11代目となります。
大人4人が、安心・安全・快適に長距離を移動できるミニマムサイズの車というテーマから、全てを見直して、日本の市場と環境へのベストマッチなコンパクトカーとしての開発、
シャシープラットフォームは上記のヴィッツと共通で、5ナンバー小型乗用車区分にキッチリと納めています。トヨタ車で5ナンバーでのステーションワゴンは、フィールダーが初です。
ハイブリッドシステムは、エンジン・モーター・燃料タンク・バッテリーの容量と配置・ゲート式のフロアシフトまでアクアと共通となっています。(フィールダー向けはチューニングが変更されています)
トヨタの低燃費ハイブリッド車攻勢は、どれも魅力的でユーザーサイドは選ぶのに迷ってしまいそうです。

最後はホンダ シャトル(SHUTTLE)です。
このモデル名は3代目・4代目シビックのワゴンであるシャトルから続くものですが、モデルとしては先代フィットシャトルの後継車となります。人と荷物を安全に、そして先進の技術で運ぶというイメージをもつスペースシャトルからのネーミングで、ベース車両の名前を冠されないステーションワゴンとなりました。
モデルベースはフィットとなり、ドアパネル・フロントフェンダーなどは現行フィットからの流用です。ハイブリッドシステムは2代目フィットに採用された1モーターシステムスポーツハイブリッドが採用されます。
フィールダー同様に使い勝手の良い5ナンバーステーションワゴンは、ミニバンを選ばない層に人気があります。

まとめ
さて、タイトルをベスト10としながら、全部で15モデル、さらに第9位が同率4車種となってしまいました。
どのモデルもコストを削減するために、同メーカーやグループ/提携企業では同一の車種又はプラットフォーム・パワーユニットを使用し、結果同一値となってしまうトヨタ・ダイハツ・スバルチーム及びスズキ・マツダチーム。対し独自の技術と路線を目指すホンダと日産の2メーカー。これに日産・スズキ・三菱の3社が行う軽自動車における提携関係を加味すると、現代の日本における自動車メーカーの縮図が見えるような気がします。

※過去モデルを含めたランキングにて調査ましたが、この数年にメーカー間の燃費競争が激しさを増していることから、同じ型式の車種でマイナーチェンジ後に公称燃費が向上している事があります。例えばアクアは35.4km/L→38km/L、フィットハイブリッドは36.4km/L→37.2km/Lです。
普通にベスト10にすると、マイナーチェンジ前後のアクア・フィット、それにプリウスとプリウスPHVだけでベストテンが埋まってしまいます。これらの車種はフルモデルチェンジ以降をひとくくりにし、現行モデルの燃費を調査基準とさせて頂きました。

-ランキング

Top

Copyright© 車売却 , 2020 All Rights Reserved.