車買取店

中古車買取店で車を売るメリット・デメリット

皆さんは中古車買取店と聞いて、真っ先にどこを思い浮かべるでしょうか、ガリバー?ビックモーター?ラビット?どれも正解です。

ただ、こういった知名度の高い全国チェーンだけではなく、街の小さな中古車販売店でも買取査定をしてくれるため、極端な話「中古車店=買取店」と言えます。

今回は規模の大小に関わらず、中古車買取店で車を売る際のメリットと、デメリットについて解説します。

中古車買取店で車を売るメリット

中古車買取店で車を売る最大のメリットは、ディーラー下取りより数段高い値段で、愛車が売れることに尽きます。

基本的に、買取店は買取した車体を自社で直接販売するか、業者間オークションへ出品して稼ぐことによって、利益を上げています。

一方、ディーラー下取りはあくまで新車販売時のサービスの一環であり、仮に下取り価格が折り合わず車を入手できなくても、新車さえ売れれば一切問題ありません。

しかし、買取店の場合は車を入手できないと直販も転売もできず、営業自体が成り立たないため、下取り額は当然ながら競合する他の買取店に負けないだけの査定額を、ユーザーへ提示しなければならないからです。

また、業者間オークションで転売するスタイルの買取店は、直販主体の買取店より中間マージン分査定額が安くなるという指摘があるものの、大手に関しては大量買取・転売でコストカットをしているため、一概に直販型買取店に査定額で負けるとも言えません。

さらに、過走行・低年式車であっても海外輸出やパーツ取りなど、数々の流通方法を確保している買取店は多いため、下取りで価値なしと評価されても、買取店なら一定の値段で売れることがある点もメリットです。

中古車買取店で車を売るデメリット

下取りと比較した場合、買取店で車を売って損をするなんてデメリットは発生せず、手続き的に多少下取りの方がスムーズながら、買取店もしっかりとマニュアル化されているので、それほど手間や時間がかかるという訳でもありません。

ただし、規模や業態など買取店の持ち味は店ごと異なるため、同じ中古車でも売る店が変われば買取査定額は激しく上下し、一体自分の車をどこに売ればお得なのか、一般ユーザーでは容易に判断できないところが、唯一ともいえるデメリットです。

買取店に車を売るデメリットを回避するには

買取店のどこを利用すれば、最も愛車が高く売れるのか見極めるには、実際に査定を受け見積もり結果を比較するしか、正直手がありません。

買取店では、おおむねどこも出張査定に対応しており、査定額の確認までそれほど時間もかからず無料で可能ながら、1件ずつ店舗に電話していくのは結構面倒です。

その点、大手中小様々なスタイルの買取店が参加する一括査定を活用すれば、自宅にいたままものの1分足らずのWEB申込みで、複数の買取店に手間なく査定依頼ができるので、結果的に買取店唯一のデメリットが緩和されることになります。

-車買取店

Copyright© 教えて車売却|車を+30万高く売る方法を現役車屋が解説! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.